2014年8月26日火曜日

Dreamberries from Alien Visions 電子タバコリキッドレビュー

今回はBoba's Bountyで有名なアメリカのAlien VisionsからDreamberriesという電子タバコのリキッドのレビューをしてみたいと思います。



Alien Visionsのリキッドというと先程名を挙げたBoba's Bountyを筆頭にGorilla JuiceやPG Hypeなど、人気のあるリキッドが揃っていますが、今回取り上げるDreamberriesもAlien Visionsのリキッドの中では人気上位にランクされるもののようです。

Alien Visionsのリキッドは大きく分けてタバコフレーバーとプレミアムフレーバー、スイートフレーバーの3つに分かれていて、Dreamberriesはその中でプレミアムフレーバーに分類されています。選べるニコチンの強さは0mgから24mgまで6mg刻みです。



Dreamberriesという名前からして何だか甘そうですが、実際甘い系の電子タバコリキッドでした。蓋を開けて香りを嗅いでみると甘ったるいと言ってもいいような香りがします。以前から公言しているように甘い系のリキッドは好物ですのでこれには期待度がUPしました。

味の説明では「うっとりするストロベリーとクリームの融合(超訳)」というような感じになっておりまして、確かにこれは言いえて妙だなと思います。


先に書いておきますと、届いてすぐに吸ってみて、これは少し寝かしたほうが良さそうだと判断して簡単にしばらくスティープして寝かしています。このあたりも好みによりますが、2週間くらいでまろやかになって本来の美味しさが現れた気がします。

さて、今回も1.5オーム程度にセッティングしたシングルコイルのドリッパーで吸ってみました。ただ今回はいつものメカニカルMODではなく、VW(可変電力)な電子タバコMODを使用しています。メカニカルMODの場合はKICKなどのレギュレーターを間に入れない限りは徐々にバッテリーの出力が下がっていきますが、VV(可変電圧) MODやVW(可変電力) MODはレギュレーターで一定の出力を維持してくれるので出力低下による味の変化が起こらないんですね。

じゃあそういった可変出力のMODのほうがいいじゃん?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、メカニカルMODも利点はありますしガジェットとしての見た目の美しさ的な部分はメカニカルMODのほうが上をいくような気がします。


閑話休題


吸ってみた感想は飛びぬけて美味しいわけでもないが中々美味いなといったところでした。香りから想像させられる甘さと実際に吸ってみたときの甘さのギャップもなく、風味も雑味や臭みを感じません。

実はストロベリーと言われればこそしっかりとストロベリーな香りと味を捕捉することができましたが、説明なしではちょっと自信がありません。先入観なしだとまったりと甘いキャンディといったところでしょうか。さくまのいちごみるくキャンディを食べたときに感じる味の"質"に似ているなと思いました。


それでは総評と参ります。

・Alien Visions ドリームベリーズ ニコチン6mg VG100(?)

風味★★★☆☆ キャンディを彷彿。雑味・臭みなし
甘み★★★★☆ まったりとした甘み
後味★★★☆☆ 残る甘さ
煙の質や量★★★★☆ ぬるっと多め?
喉への刺激★★☆☆☆ 6mgということでこんなものか
肺への刺激★★☆☆☆ 6mgということでこんなものか
爽やかさ★★☆☆☆ 爽やかではない
リピート★★★☆☆ 迷うところ
総合満足度★★★★☆ 4弱

有名どころの電子タバコリキッドということもあって一定の基準を満たしている良いリキッドだと思います。キャンディ系の味、甘さを求めている人におすすめしたいです。

余談ですがツイストコイルで1.05オームくらいのシングルビルドにしたドリッパーとメカニカルMODで吸ってみたところ自分の環境では甘さと味が少しぼやけました。


購入先:J.Vapor(海外発送ですが日本語です。Facebookページにクーポンあり)
送料:12.75ドル(30ml、12ml、12mlの合計3本注文時)

※このブログで書かれている電子タバコのリキッドのレビューはあくまで個人の感想によるものです。リキッドに対する感じ方は千差万別、また使用する電子タバコの環境でも変化しますので、気になるリキッドがありましたら当ブログでのレビューは脇においておいて気にせずにお試しいただくのが宜しいかと思います。